2011年12月29日
魂の断捨離
エンジェルWSで サイコメトリ−を使おうか...エンジェルだけ呼び出そうか かなり迷っています
サイコメトリ−とは 物からのエネルギ-を読み取ります 行方不明者などの 物品などから 今いる行方がわかったりします
私は イギリス出身で今 セドナ在住の Dr.マ-ガレットより サイコメトリ-を教わりました
やはり イギリスは 多くの霊媒... ミディアム..など 輩出して スピリチャルが日常におかれている国ですものね
そして ガイドの 魔法使い マ-リンがついてくれているのがわかりました。 良いというまでサポ-トしてくれるそうです。
 今回 マ-ガレットが日本に来るので、東京で2月 個人セッションを受けたかったけど 3月に東京にいくので
迷いに迷って あきらめました。 セッション枠はすごくタイミングがよかったのですが..
しかし マ−ガレットがきっかけとなり 家を片付けていたら 現金がはいった封筒が見つかるし
そして、 魂のだんしゃりにつながりました。
来年は     マ-ガレットのセッションを受けます そして より深く学びたいです

つまり 今までのスピリットに気づく流れがわかりました。小さいころ 7.8歳?オレンジの光を見ました。 母に言っても相手にしてもらえなかったけど 姉はわかってくれました。
そして、14歳で 九州に修学旅行に行った帰り 初の金縛りにあいました。
それから 最近まで金縛りが続きました。
ときには 声が聞こえたり ビジョンを見たり 大変な思いでした。
そのうち 何回かは ゆうたい離脱になり 宇宙まで飛んでいったこともあります。
金縛りで 身をまかせておけば もっとらくになったのでしょうが いかんせん 恐怖との戦いです。

自分の肉体から魂が無理やり、はがされるような感じになり、自分の魂が肉体にとても執着しているんだということがはっきりと解りました。なにか住み慣れた自分の家を未練がましく出ていくような、つよい執着の感情を覚えたのです
というブログを発見しました
このように体外離脱状態はよく臨死体験とつながる現象と解釈されることもあります。ちなみにチベット密教では体外離脱のことを二アデス(臨死体験)とも呼んでいるということです。
体外離脱としたいという人間の欲求は、「再び真我やハイアーセルフとしての存在した状態に戻りたい」との魂の欲求の裏返しであるように思えてなりません。体外離脱をしたいと望む人は「統合から分離へ」と進んできたプロセスをもうそろそろ修了し、今度は逆に「分離から統合へ」戻っていくプロセスに入っていく人なのです。あるブログより

なるほど なるほど 肉体への執着を手放す過程でもあったようです
もちろん 肉体あって今があるのでとても大切です
体外離脱のときは 自由に空を飛べたり 家を一回転するのも自由だし 余裕があればかなり 制限が取れて遊べます
下を見ると 私が寝ている姿が見える..これはさすがに恐怖ですが
恐怖 不安 執着 分離感を 手放すと 新しい 許し 愛 信頼 一体感というものが入ってきます
 来年は この新しい感覚とお付き合いをしてみたいですね。

ちなみに 家の周りは かなり波動が高くて UFOが よく飛んでいるようです
私も 肉眼で見ました。
サイキックの方にお聞きしたところ、 間違いないでしょう..と言われたので これからも空を見上げて コンタクトが取れたら楽しいでしょうね。

天使とふれあうひととき

エンジェルワ-クショップ  

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています