2012年06月11日
バレリ−ナの過去生
ふっとしたときに バレリ−ナの過去生を思い出しました
最近 身につけているものは フリルがついた短いチュチュのようなスカ−ト
レギンス バレリ−ナのような靴
右側のかかとが すり減った靴
痛めた足 バレリ−ナのときに何が起こったのかはわかりませんが 練習のし過ぎで
足を痛めています
時間を見つけて ブラックスワンを見てみよう

20歳のときに何を思ったのか バレエを始めようと 教室の門をたたきました
レオタ−ドまで申し込んだのですが なんだか 身体を酷使するような気がして
やめたことを思い出しました

 ときどき やっておけば姿勢もよくなったのにと思うこともありますが 身体が拒否をしていたのでしょう
運動をしていなくても 体がとても柔らかいといわれます
体操部にもはいっていて 途中で陸上部に変わったので 全うはできませんでしたが
踊るのは見ることも大好きです
特に フィギアスケ−ト は 欠かさず見ています
ヨ−ロッパのどこかでスケ−トはいていた事は思い出しました

 友達とスケ−トに行ってこんなの簡単とすぐマスタ−しました
スケ−トで後ろからおされて 頭を強く打ち ちゃんと手当てをしていなかったので
鞭打ちになったまま 首の骨がゆがんでいます
 おした人は 冗談でおしてのだろうけど あのあとから体調を崩してしまい
骨のゆがみで 自律神経系が 崩れてしまいました
 きっと 何かの解放だと思うけど 言いたいことを飲み込んでしまったこと

アロマエンライトメントで 言いたいことを言えないと甲状腺をいためるといわれて
はっとしました
 33歳のころ 鳥取砂丘へ家族でいき 何がどうしたのかわかりませんが
帰って こう熱がでて 入院しました
結局 バセド−病でした
肝臓 すい臓 腎臓 内臓が全部弱り 3ヶ月入院でした
父が 難病で亡くなったあとだったので 何をためていたのかはわかりませんが
何かの感情が 身体に影響を及ぼしたのでしょう

 それから 15年間 毎月病院へ通いました
時間的に 恵まれた職場だったので きっちり治療しました
このような高い数値は見たことがないといわれたくらいの数値が 完治しました
そのあいだも 神さまにお願いをしていました
 鳥取砂丘は 砂漠
家族 エジプト アラブ時代の解放でした
ふる−い記憶も 細胞の中に組み込まれて そのときのメンバ−が集まることで 読みもどされ
解放していきました エジプトに行ったとき 奴隷時代を思い出し 怖くなってきました

 入院した私もつらいけど まわりもしんどかったと思います
肝臓は 時折数値が高くなり 感情を解放しています
あまり ひどく続くと 肝硬変 肝がんへと移行するらしいですけど
ここは 精油で 見直しをしてみたいところです

 グレ−プフル−ツは怒りの解放
ミネラルウオ−タ−に入れたり カプセルに入れたり 飲んでいます
 ヤン社の精油はメディカルな部分もアプロ−チしていけるので 使ってみます

つぎは京都に行きます
天使の導きだと思います
十二一重の着物の中で なんだか耐えて我慢をしていた時代の解放です

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています