2009年12月30日
福山市民ミュ−ジカル☆スタ−ダストトレイン
日曜日に 宮沢賢治の名作 「銀河鉄道の夜」が催された。
今回で 8回目です。

有名な賢治作品の登場人物が スタ−ダストトレインに乗って 宇宙を旅するという演出だ。

出演者の多くが 普通の福山市民だ。
5.6歳から 70歳近い方まで 幅広い。
今回 スク−ルでミュ−ジカルをした。 その前に ミュ−ジカルとはどのようなものか あまり縁がなかったので いくつか観にいきました。
 そのとき 福山に ***座の方が来て 演技指導してくださるというので 一般市民参加可能ということで 参加した。
10時から 5時まで 結構厳しい。
私は日頃体を動かしていなかったので 午前中は体操とスケジュ−ルに書いてあったところにひかれて申し込んだ。
 軽い気持ちだったけど 行ってみたら 福山私立中高校連盟の演劇部対象で 若い 中学 高校生と顧問の先生ばかり。
 演劇部??!!
成り行きで 残って参加した。

体力のある子達に混じって 途中やめたくなったが それもできなくて足腰 ボロボロ。
 何とかラジオ体操もどきまではついていったけど 後半は座ってみていた。
 その中で 声をかけてくれたのが 今回市民ミュ−ジカルに参加すると言ってた女子高校生2人。
 もし よかったら 見学にきませんか?
といわれて 練習を観にいった。 そのときは 夏休みで 小学生がたくさん 練習していた。
まだ セリフを覚えていない子や歌も 歌えるのかしら。。。
というような仕上がりで この中からテストをして キャストを決めていく。
 プロの振り付け師さんと 演出家の方もいた。
みな やさしくて 丁寧だ。さすが 踊りが違う。 無駄な動きがないし 洗練されているなあ と感じた。
 そこそこに お礼を言って帰った。

 高校生達は 専門の大学に進みたいと言っていたので どうなっかたか気にもなった。
 完成されたものを観に行って すごい! あの練習風景と違い 長いセリフを誰も 一言も間違えるものはいなくて 声もよく通っている。
 演技も完璧。素人の集まりには見えなかった。

年配の方もそれなりにセリフを言われて 上手に踊っていた。
さすが 市民ミュ-ジカル。県民文化センタ−は いつかの啓子先生の講演のときのように 大入り満員。
高校生達も 希望大学の 演劇科に 合格していた。

台本もわかりやすくて 宇宙と 東北を舞台に 発想が面白かった。
毎日が オペレッタ− るんるん人生はクリエイショ---ンペン

クリエイションは続きます。蟹座
来年は ドンドン クリエイトしていきます!カチンコ

☆☆五日市剛さんのツキを呼ぶ魔法の言葉も市民ミュ−ジカルとして上演されるそうです。 http://www.itsukaichi.jp/blog/index.html

スク−ルにいくまで ミュ−ジカルにはご縁なかったのですが ここ最近 深くて 楽しく
思いを発信するものなのだと ますます興味がわいてきます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています