2010年09月29日
行き詰ったときは...
どうもこうも 動けないときってありますよね。

それは 人生のしくみで 自分が学ぶために設定してきていると思えば あせりも少なくなるし
あわてなくて 前に進めます。
前に進んでいくにも タイミングもあるので 今の時間を なるべく 楽しもうと 気持ちを切り替えてみるのもおすすめです。

そうしながら 今 病気 失業 対人関係など 過去の記憶が作っているのですから クリ-ニングで 記憶をお掃除することを おすすめします。

私が 動けない病気になったときは 病院では 限られた治療法しかない..といわれ 副作用もでてきているし 薬を押さえる 薬を飲むので 一度に 10粒近く飲んでいました。
それは おなかが一杯になります。 胃が荒れるので 胃薬 血圧が上がると 血圧..など
あるとき 入院して 知り合いになった方が 食事の一部を のけているのです。
どうして? と聞くと 神様に差し上げるのといわれ へ-

と思ったものでしたが 個室に入っておられて 夜 ドアから お経の声が聞こえてきます。
また ふ--んと思っていました。 主治医を通して 何人かが 病気の進行状況を聞きます。その方は 症状の割には 検査の数値が どれも 良いので 医師はじめ みな不思議がっていた。
 最低限の薬で 退院されたのがよみがえります。
 症状の重さは 何かの解放で 記憶が出て行きたいと思って 一気に症状となってあらわれたのかもわかりませんね。

今思うと 神様に守られていたのですね。 カルマの解消で 原因と結果 やらなければいけない
病気 貧困などは 自分がアカシックレコ−ドより 記憶していたものを チャラにしたくて 人生のしくみで こんせい設定しています。
 だから 嘆くことも 人のせいにすることもないのです。
ただ 自分が記憶を消すために ひたすら クリ-ニングしてみてください。
そうすることにより 今後どうして行こうと 見えてきます。
できれば 神に祈りをささげる... そして 良いイメ-ジを持つ
思考は現実化するので 今ある苦しい状況は おいて クリ-ニング そして 良いイメ-ジ
あとは 感謝の記号を 宇宙に投げかける
この3点セットでやってみてくださいね。 嘆く前に実行あるのみです。

6.7年前は最低の人生でした。 親には裏切られる リストラにあう 人は信じられない..病気などなど理由に心当たりはないのです。 普通に歩んできていた主婦が 何が起こったのかさっぱり原因が わからないのだから 余計あわてました。
人生の宿題を一気にこなしていました。 

それは過去生から来ていたものだから こんせいの人生からは 読み取れませんよね。
普通に 大学をでて お堅いところに就職して 子育てをして 子供たちを きっちり 教育も受けさせて ほんとうに どこにでもいる 普通の主婦です。

あるときは フ-と意識が飛んで このまま 帰らない人になろうか..とも思ったものでした。それが
病気をしたことで 命のとおとさを 考えるようになったのです。

そんな時 もともと 神様のこととか 信仰はしていたので 精神世界の 方に見てもらおうと思い
退院してすぐ 若槻一郎さんのセッションを受けました。
何故か 日本の神様つながりでした。
そこで なおるよ....大丈夫と アカシックレコ−ドを読んでもらったのです。
そして 将来は 癒しの仕事をしている..とまで言われました。
え--- 退院して そこまで行くのがやっとだった私は 信じられなかったけど 治るよ!といわれたことが 嬉しかった。
 病院では 絶対治らない!といわれていましたし 真剣に どう治らないかの 講義も熱心に受けて すり込んでいましたもの。

ひとの思いは すごいのです。 岩をも動かせますよ
大丈夫です!!

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています