2010年10月31日
歌を再開♪
8月に あまりの忙しさで 歌の発表会を出るのを断念して またお願いします。
といいながら 今日までレッスンをお休みしていました。

11月に入ったら また再開しようと思います。
楽しい事にも フォ−カスしなくては..真面目なことも良いけど まず自分が心から楽しむことで
ひとにもやさしくできます。
まず 自分を大切にする。 ライトワ−カ−はつい 自分のことはおいておいても 人に奉仕してしまうくせがあります。
そうしているうちに どことなくしんどくなって 元気が出ません。
そんな時は がんばりすぎていないか 自分をおろそかにしていないか 良い人になろうとしていないか..考えてみてください。

キッと思い当たる節があります。
家族間 友人間 などお互いの自立をめざして 行くことで 心からの願いも明確になってきます。
依存の世界は 縛りあう世界です。 良い風を入れていけることを 心がけたいですね。

そこで自分の楽しみとともに 歌を歌うことは自分を表現することでもあり 天使(宇宙)とつながることでもあります。
 ハ−トチャクラ のどのチャクラ クラウンチャクラを 開くことによって より 宇宙からの情報 直感をキャッチできるようになります
そして キャッチしたことを受けて 動くことにより より多くのシンクロを引き寄せ 夢実現に近づきます。
 私は 啓子先生のヒ−リングセミナ−を2回沖縄で 受けました。
2回受ける人はあまりいないです。 だから余計 アロマ ボイス ハンドでヒ−リングして行きたいと思っています

そこでは 過去生からの経験が 思い込みとして こんせいも引き継がれ 話すことが苦手 本音を言うのがこわい 時には 人がこわい..ということろまで経験しました。

いまだに集団は苦手で 自分の世界観を感じなくなると 集団からは 離れていきます。
修学旅行は やっと クリア−しました。
(多分 人からはぜんぜんそんな風には見えなかったと思います。 いつも 元気一杯で 先頭を切っていましたから 過去の女優魂で演じていたので 余計アンバランスで しんどくなってきていました。 )
家で 絵を描いたり 小さいころからガ-デニングが好きでお花と触れ合ったり  ひとりで走ったりすることで バランスをとっていました。
(今 家をあけることが多いので 庭はさんざん ..さみしいですね)

セミナ−では 2回とも 喉をやられて 最後は喉から血が出てきました。
  古い思い込みの解放で ブロックが外れたことで 血痰として出てきました。
その 古いものでは 沈黙の行をしていたときのこと 。そして 予言を口に出して 異端として見られ私は 話すことで 殺される..という経験を通して こんせいは 話すことは苦手です。

小学校 低学年まで 決して 先生にあてられても 声に出して 話すことはありませんでした。
本ももちろん あてられても声を出して読んだ記憶がないのです。
とにかく 人前で話すということが恐怖で 押さえていたのでしょうね。
このように 過去から来る思い込みは こんせいにも根強く残っています。
 もちろん 心を許している人には すごくおしゃべりに見られるようですが ときどき 頭に血が上ったようになり 息が苦しくなります。
それが来たら 話すことはストップです。

それくらいのどのチャクラが閉じていました。それは 他のチャクラにも影響をあたえ ハ-トも結局閉じることになります。
人に対しても 宇宙に対しても 閉じるので心は疑心暗鬼で だれも信じられなくなり まわりはテキばかりなりということも多くなってきます。
 喉には タ−コイズなどの石が ブロックをはずしてくれます。
あとは 歌を歌うこと ..カラオケでも良いです。 歌を歌って 楽しんで まず ブロックをはずしましょう!
歌は天使とつながる ひとつのツ−ルです。天使は歌が大好きですよ!!

すっきりすると 新しいエネルギ−が出るので 前進することができます。
恐怖の解放です。
沖縄セミナ−が終わったころに 何気なく入った 音楽教室で 声楽を習うことになったのです。
人前ではもちろん 話しも 苦手 歌も歌ったことはない私が声楽?

不思議な 流れのひとつでした。
やはり やめられません。元気になる 源ですね。

宇宙とつながるために 天使が肩を押してくれたのだと思います。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています