2011年01月19日
英会話体験申し込みしました
今は 体を使って動けないけど 頭 口は何とか大丈夫なので 新チャレンジです。
2月からいけるように 今月末に 体験コ−スを正式に申し込みました。

http://www.hiroshimaenglish.com/location.htm


スリランカの方です。 インド英語は聞きとりにくいと言われていましたが なんとなくプライベ-トレッスンも安いし 助手の方が 電話に出られ もしインド系のかただと とても日本語が上手です。

話せるか ドキドキですが 学校英語で行くしか ないです。
以外とネイティブアメリカの方は 間違ったらという思いが先にたち 緊張してしまいます。
早いし イギリス オ−スとラリア英語も 聞き取りにくいです。
一番良いのは ヨ-ロッパ圏の人 英語圏ではないので ゆっくり話してくれます。

とはいえ ほとんど日常会話もままならないのですが 身振り手振りで 何とか買い物や 道を聞けるくらいです。
 
 何しろ 自分の名前が言えるだけで ツ-リストなしで ロスの街を 地図と 人に聞きながら まわった経歴があるので 怖いもの知らずって何とかなるのですね。
ハリウッドの看板が見えるからと かなりの距離を歩きました。
が 見えるだけで なかなか つかなくて 聞いてみたらトンでもなく 遠かったので やめた覚えがあります。
あと ロスについてすぐ インデアンにからかわれて 怖くて ス−パ−に入ったら ちょうど牛乳コ−ナ−が死角になっていて そこにいるではないですか!
顔が青ざめて これは まずい!と恐怖でした。
ゆっくり 顔を合わさないように その場を離れて お店を出て ヤレヤレと思って 椅子があったので座ったところ 同じような腕に 入れ墨をした 人が座っているではないですか...
 そのインデアンが座っていました。
 いそいで逃げたら ウエルカムトウ アメリカ!と大きな声で 叫びます。
 はじめてのロスで どの人も 銃を持っている感覚がして とても怖かったのを思い出します。
今では 笑い話ですが...

これもちゃんと話せれば なんてことがない問題なのでしょうね。

でも ロスは 2回ほど行きましたが とても大好きな場所です。
地図片手に 歩き回ったということは(バスにも乗りました) とてもなつかしい場所だったのでしょう
あとで いったお店はインデアンの人が いるところが多かったです。
そして セドナツア−で インデアン時代の解放をして だからインデアンの人が気になるんだと思いました。
 インデアンの血が入った ジョニ− デップがそのころ大好きでした。
楽しい 思い出です。
それも 日常が苦しかったので ロスに刺激を求めていったわけです。ハワイにしようかと思ったけど ハワイでは 無難すぎて あのころの私はダメでした。

すべてはうまく行っているのかも....

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています