2011年06月17日
隠れキリシタンの過去生
最近 梅雨もあってか 体のあちこちが痛くなる
痛み止めを飲んだり 漢方の痛みを止めるものを飲んだりして対処しています。

この前より 江戸の過去生をずっと味わっていますが...隠れキリシタンの思いが出てきました。
今日は荷物を送って ほっとしたら急に眠くなり おかしな場所のビジョンが出てきた。
着物を着た 群集が踊っています。

江戸でもかなり古い時代 そして 目が覚めたとたん 隠れキリシタンを調べてみようと思った。
そこで 検索して出てきたのが これ
http://yattemiyou.net/archive/kakure.html   なるほど マリア観音としてマリア信仰をしていたのだ。

我が家の(実家)でのこんせいのテ−マは 宗教を超えて皆が理解しあうということだと思うので
今これがでてきたことは意味深いです。

あと気になるのが http://kyoko-np.net/2005012201.html

まさに 毎月私は こうげん病の専門である東広島市の病院に通っています。
そして そこには 濃い親戚もいます。
昨年のことです。 オ墓参りをしたいと思い ずいぶん会っていない親戚に連絡をとりました。
おばも高齢で 助けてくれる方を連れてきていました。

その方の名前が 島原さんといわれ その方はスピリチュアルな方で おばもスピリチャアルです
我が家の 母方の家系は ほとんど霊的に敏感です。

島原さんが自分は 島原の乱のときにいたと急に私に言われたのです。
まだ 自己紹介をして すこししかたっていないのにです。
それは ありありとした動画のようなビジョンを見て わかったそうです。
そして 先祖は 島原から どこかに逃げてきて 今 広島にいるとのこと..
そのときは ふんふんと聞いていたのですが 急に今頃になり 浮上してきました。

いまだに隠れすんでいる 人々がいることは信じられませんが 歴史って ほんとうに残酷でもあると思いました。
その頃受けた 弾圧 言い換えれば殉教 ですか..によって大きな恐怖を潜在意識の中にかかえています。

私はその恐怖を解き放つ 役目があるのかと思いました。
今度 エンジェルカ−ドの講座をするのですが 場所を探すのに 公共の場は 貸し出し料が安いです。 無料に近いですが 内容を申請しなければいけません。
まだ アロマは 最近 世の中に浸透してきましたが カ−ドは どのように説明してよいかわかりませんでした。

 ビクビクしながら 宗教でもないです。そして スピリチャルという言葉が公共の場で通用するのだろうか。。と感じました。

やはり どこか隠れた場所でおおぴらに 宣伝できない感覚が 私の中にありました。
これは個人の問題で もちろん 宣伝をしても全然かまわないと思います。

私はどこか まだ人の前に出るのが怖いところがあります。
いつも隠れているような感覚です。そして 沼隈の
山南の病院に行きました。 その道は平家谷につながります。
私の過去生のひとつである 平家ですが.. 落ち武者となって隠れていなければいけない 残りの親戚の人も いた事を 過去生より感じ取りました。

スピリチャルな講座をすることを役所 公共の場は認めてくれるのだろうか..かくしてしなければ通らないのだろうかという思いが 今回の隠れ****ということと一致しました。

よく 隠れ家的な癒しのサロンといいますが 私は隠れているのはもう充分だと感じるこの頃です。
魔女狩りとともに 隠れキリシタンも 恐怖 不安の解消の大きなテ−マのひとつです。

もちろん 被害者意識はありません。 反対の弾圧した立場の過去生も もっていることがわかっているからです。 プラスとマイナス 人はバランスを取るために っ両方を経験しています。
これがわかれば だれだれに やられた..などの思いはなくなるはず そして 非難もできません。

人生の学びのひとつです、。 すべてはワンネスにおいてつながっています。
そして 愛でつながっているはずです。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています