2011年06月28日
ミディアムシップリ−ディング
私が 今回ドリ−ンのATPコ−スに出て 一番興味を持ったのがこのコ−スでした。

ミディアムシップとは 霊媒ということでなくなった方とのコンタクト役をします。
小さいころから 何故か 霊 そして なくなった人が(魂)が怖くて 怖くて仕方ありませんでした。

何故かいつもそばにいるような感じがしていました。 今になれば 目に見えないだけで ガイドさんとしてついていてくれたり 様子をうかがってくれていたのですね。
その気配が怖かったのかもわかりません。


そして なくなった方とコンタクトを取り 天国より愛に満ちた メッセ−ジをお伝えします。
今回のリ−ディングでは 私がパ−トナ−に見た 過去生の方からのメッセ−ジは よく頑張っているね! というご自分を認めてあげる内容でした。

お相手の方も ここに来るまで 多くのメッセ−ジを受けられていて 何かつながるものを感じました。

 私へも 愛に満ちたやさしい 言葉をいただきました。
このリ-ディングは ちゃんと 相手を特定して 生きている間 伝えることができなかったことなど
お伝えして 心に引っかかっていたもの そして 伝えられなかったことを お互いにコミュニュケ−トし クリア−にしていきます。

 2月に DR.マ−ガレットのクレアボイヤンスコ−スで ミディアムシップをやりました。
ず−と心に 引っかかっていた直接 血はつながっていないけど 同じ家族として 小さいころ世話をしてくれた 祖母を呼び出してもらいました。
私は老齢の祖母に わがまま一杯 ...それも小さいころだから仕方ないといえば仕方ないのですが ..祖母がなくなったのは 私を面倒見ていたからだと思い込んでいました。
すると 反対に もっと心配りをしてあげればよかったという言葉をもらって がく然としました。

 祖母は 80代で私の世話をしてくれたのです。 まだ 5歳だった私は死の意味も理解できず
ただ 私のせいだと思い込んでいました。

そして 息子が 分岐点にたった受験の頃 目の前におばあさんがでてきた!といって なんともいえない気持ちになり 今回 やっと 真相が明らかになり 息子ともども落ち着きました。

 確かに 息子の前に出てきたそうです。そして 今でもガイドとしてついてくれているそうです。
そのような 物語のようなお話を 聞いてたくさん 涙を流し すっきりしました。

 体がなくなっても 魂は不滅です。
そして いったん 天国で見直し またガイドさんとして ヘルプをしてくれます。
以外と 何代前の先祖は 自分だった!ということも考えられますね。

そのように 伝え切れなかった思いを 霊媒として お伝えできたら クラアントさんも 癒されると思います。 そのような ヒ−リングのお手伝いもしていきたいです。

早速、ミディアムの予約がきました。 どのようにお伝えできるか ドキドキしています。
死は恐怖ではない..ということを 体 魂を通じて体感していただきたいです。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています