2011年08月11日
アセンションに向けて
最近 まわりの知り合いの方も 意識をしていなくても 出来事が大きくシフトしています。
ハンパな 出来事ではなく 大きな病気をする 家族間の問題が浮き彫りになる など
私自身も 毎日の体調管理に 戸惑っています。

そこで 中途半端では 何も変わらないのではないかと思い 瞑想のやり方を変え より一層 ハイヤ−セルフとすごす時間を とるようにしています。
それと 長い間 自分が言い続けてきた ゆっくりする時間をとるということです。
数年前より  行きたい所にいき 少しの間もなく また次の場所に出かけるということをしていました。
そのときに 家でゆっくりすごしたいと口グセのように思っていて 今は ほんとうに 気軽に出かけることを躊躇する流れになっています。

自分の内面を見つめるという作業なのでしょうか..
あれもこれも 引き受けたことも できなくなり 断らざるをえない状況でもあります。
この流れにも戸惑ってはいますが 自分を大切にするという 目標のひとつなのでしょうね。

におい 空気 温度 人の感情に 以前よりますます 敏感になり 温度差が違うことにあわせることが難しくなっています。
これは 生きやすいのか 生きにくいのか どちらの方向に向かっていくことが 快適にすごせるのか 答えを求めています。

UFOがなど ただ興味深い 不思議な話の範疇では 納得できなくなっています。
 どうなの? その先は 求めているものを フォ-カスしていきたいです。

今日は 知り合いがメ-ルを入れてくれたことが、リ−ダ−シップを取るということです。
先頭に立つことへの恐れを感じていたことに きづいて すると 会社での立ち位置がそうせざるをえない部署に配属。

恐れと不安の中で 足が痛くなり これは覚悟を決めて やると 自分に誓ったというお話です。
べつに ヒ-リングを仕事としてしていなくても 会社などで 社員を通して 解放することを引き寄せ
乗り越えるというスト-リ-です。

私は今までなるべく 人が不愉快にならないように 自分が合わせればいいと思って我慢をしていたことがたくさんあります。
しかし 体を通して ここは主張しないと 体がギブアップするなどの状況がたくさんでて来ています。
それは家族間であったり ソウルメイトを通じてであったり この前 体が縛られたように痛くなったとき 蛇のような鎖が見えました。それは 観念でがんじがらめにされた 姿だったのです。
鎖を ひとつ ひとつ はずす地道な作業をしています。

この前 リ-ディングをさせていただいた方を通して 喉が詰まったように 腫れ上がり つばが飲み込めなくなりました。
転写というかたちでしょうか..私の中にあるものを 同調した形です。
体を通じて いろんな症状を見せてくれ 私が乗り越えば その痛みは来ないのでしょう...
アセンションの階段は 一歩ずつですね。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています